「ホワイトとクリアの組み合わせ!塩系インテリアの一人暮らし部屋」 by ___ril._さん

本連載では一人暮らしを楽しんでいる方々が暮らす1K・ワンルームをご紹介。参考になるリアルな情報を探っていきます。

今回は東京都の1Kで一人暮らしをされている___ril._さんに、お部屋づくりの秘訣を教えていただきました。

今回教えてくれた家主さん

 
___ril._
都内で一人暮らしをしています。職業は会社員です。”抜け感のある塩系インテリア”をテーマに、お部屋づくりをしています。趣味はカフェ巡りです。

お部屋写真

お住まい


お住まいの地域:東京都


お部屋の種別:1K


メインのお部屋のサイズ:6.5畳

物件探しについて

譲れない条件ベスト5を教えてください

 
___ril._
私の譲れない条件は下の5つです。

  1. バス・トイレ別
  2. キッチン、壁、床の色
  3. 築年数
  4. 家賃
  5. 2階以上
 

物件探しで注意しておくことを教えてください

 
___ril._
同じ広さでも間取りや柱の位置によって家具の置きやすさや部屋の見え方が変わってきます。

今回のお部屋は、縦長のお部屋でかつ、ドアの位置的に家具が置きにくく、配置に苦戦しました。

正方形の部屋やできるだけ柱が四隅にあるお部屋の方がお部屋作りはしやすいと思います☺︎

 

お部屋作りについて

気をつけていることやコツを教えてください

 
___ril._
お部屋作りのコツは2つあります。

1つ目は、家具・ファブリック・小物ごとに「色のテーマ」を決めること。

私はグレー・白を基調とし、シルバー・クリアを差し色にしています。家具は白で統一することで、部屋全体がスッキリして見え、小物やファブリックでポイントをつけやすくなります。

2つ目は、「線」を意識すること。

直線(四角い家具や小物)ばかりだとスッキリしすぎてしまうので、曲線(丸い小物や角の尖ってない家具)をバランス良く取り入れることでお部屋が垢抜けます。

 

お部屋の中でお気に入りの場所を教えてください

 
___ril._
オープンラック・スタンドミラー周辺です。


お気に入りの小物を沢山ディスプレイしています。

小物はIKEAや100均、300均で買うことがお多いです。韓国インテリア風のちょっと変わった形の小物に惹かれます。

この場所の壁だけピンクなので、馴染むように茶色の小物もディスプレイしています。

 

インテリアについて

買ってよかった!イチオシ商品を教えてください

 
___ril._
「透明なチェア」です。

シルバーとクリアの組み合わせがツボです。

白いベーシックな家具が多い中で、お部屋の良いアクセントになっています。

透明なので、部屋の印象が重くならず、また狭い部屋でも窮屈になりません。

 

お話をお伺いして

___ril._さんのお部屋は、6畳には見えないほどスッキリしていて広々とした空間に感じます。その秘訣は、ホワイトとクリアを組み合わせることで部屋の雰囲気を重くさせず、広く見せていました。部屋が狭く感じるお部屋の方にとってはとても参考になりますね!


___ril._さんはご紹介した他にもInstagramに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!